【横浜市 旭区の整体】

 カイロプラクティックテミス


カイロプラクティック
  Chiropractic テミス

 




         完全予約制・初診1日2名まで

「ホームページを見て・・・」とお電話ください

045-369-1236

  ●休診日/日・月曜日鶴ヶ峰駅北口から徒歩4分
  ●スーパー三和さんから30秒  提携駐車場有り 
  お子様連れも多数来院
 

タカナシ乳業、バラ園の見頃は・・・

 | ,  |  | 0

こんにちは。

 

カイロプラクティックテミスの佐藤です。

 

 

今回は当院に来院される患者さんにも良く質問をいただく

『タカナシ乳業』のバラ園をご紹介しようと思います。

タカナシ乳業さんはここ旭区に本社を置く、みなさんもご存知の乳業メーカーです。

 

 

当院からも徒歩7~8分。

鶴ヶ峰駅から二俣川駅間にあるので

相鉄線車内からもこの時期には綺麗なバラが見えてきます。

 

 

もともとは横須賀に本社があったそうですが、昭和34年に現在の場所へ移転。

その翌年から敷地内にバラを栽培するようになったということです。

 



当初は創設者の高梨芳郎さんが、

1万本のバラを工場の空いた敷地に植えたことから始まりました。

現在は160種500本と規模は縮小しましたが

市内でも有数のバラ園として区民に愛されています。

 

 

 

さてこちらに入園するには、まず下の画像で見える受付で入園証をいただきます。

入園料はなんと無料!!
(食品工場なのでペットの入園はできません)

 

入園証、イラストマップなどを手にしましたら、さあ中へ♪

 

 

まず初めに出迎えてくれるのはこちら!!

素敵なバラのアーチです!!

 

 

見た目も綺麗ですが、香りも愉しめます。

 

 

なんだか心を癒されますよね。

 

 

そしてアーチを抜けると、さまざまな種類のバラが色とりどり咲いていました。

 

 

 

 

バラは調べると25,000を超える種類があるそうです。

 

一つ一つ見てみると、みな個性があって面白いですね。

 

 

そんな中でも私が気になったものをご紹介してみようかなと思います。

 

 

こちらの白いバラはドイツのアイスバーグ。

 

 

こちらは少し小ぶりで可愛い安曇野(あずみの)という日本で作られたバラです。

 

花弁の外側は赤みを帯びたピンクで、中心は白。

 

一重で密集して咲き、可愛いバラでした。

 

 

 

 

 

こちらはドイツのノヴァーリス。

 

少し青みがかった色が印象的なバラです。

 

花弁が多く、見た目はゴージャス感がありますよね。

 

蕾もまた形がいちごのようで可愛い感じでした。

 

 

 

 

 

変わってこちらは濃い赤が印象的なルビー・セレブレーション。

 

イギリス生まれのバラだそうです。

 

この色のせいか、結構目立って咲いていたので撮ってみました。

 

 

 

 

 

こちらは濃紫が素敵なラプソディ・イン・ブルー。

 

イギリス生まれのバラだそうです。

 

2003年 Rose of Year受賞。

王立英国バラ会 金賞受賞

など世界的にも高い評価を受けているバラです。

 

 

 

この赤いバラは日本で作られた、恋心という品種です。

恋心……

 

ネーミングがこれまた秀逸ですよね。

 

途中から、バラよりも名前に興味が湧いてきたくらいです。

 

 

 

 

 

変わってこちらの目の覚めるような黄色いバラはローズ・ヨコハマ。

ヨコハマの名がついたバラですね。

 

横浜バラ会創立50周年(1951年)を記念して作られた品種だそうです。

 

花は見ての通り大きく、ドレスを思わせるようなゴージャス感もあります。

 

こんなバラをプレゼントされたら嬉しいな♪

 

 

なんて考えていました。

 

 

 

 

こちらはゲーテ・ローズ。

ドイツの文豪ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテに捧げられたバラです。

 

『ファウスト』は治療院の本棚にも置いてあります。

 

そんなゲーテは詩人、小説家、劇作家の他に、生物学や植物学などにも精通していたようです。

 

 

 

 

こちらはヨハネ・パウロ二世という白いバラ。

ご存知の通り第264代ローマ教皇。

 

バチカン法王庁がバチカン庭園に植樹する為に選ばれたということです。

 

まさに純白で高貴な姿が印象的なバラです。

 

 

 

他にも『ミスター小島』、『ナース・マサコ』など

なんでそんな名前??と思うようなバラもありました。

ネーミングの由来なども考えながら見てみるとまた楽しさが広がると思います。

 

 

 

そういえば、タカナシ乳業さんのロゴもバラでしたよね。

乳業メーカーということで、環境も大切にしたいという想いがあったようです。

 

乳業ということは、乳牛を育てるということ。

 

健康な乳牛を育てるにはその土地の『環境』がとても大切です。

 

バラが育つ環境は、乳牛にもいい環境になるという

創業者の想いがこのロゴそしてバラ園に込められています。

 

 

これは当院の理念とかなり近いものです。

 

 

同じ旭区で業種は違えど、進むべき道は同じだと感じました。

 

 

タカナシ乳業バラ園、ぜひ足を運んでみてください♪

 

見頃は季節によって違いますが

春は5月~6月初旬

秋は11月

詳しくは開花情報のブログをご覧ください。

開花情報:
http://www.takanashi-milk.info/baraen/category/bara_kaika

 

 

 

 

 

 

タカナシ乳業バラ園

 

横浜市旭区本宿町5番地(横浜工場敷地内)

見学時間:9:00~16:30(16:30で見学終了)

 

【車両について】

構内に駐車場はありません。
近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

車いすをご利用の方に限り、送迎車両の入場を受け入れています。
乗降場所の関係がありますので、見学される前日までに代表電話までご連絡をお願いします。

代表電話:045-361-1141

 

ホームページ: http://www.takanashi-milk.info/baraen/

グーグルマップ: